身体を持って次の次元へ行く!

2021.6.1 ​ 1・2 同時発売

​全国の書店、デジタル書店で販売

​       各2200円・税込

9784910000046.MAIN.jpg
9784910000046.SWCH.jpg

ミナミ A アシュタールの誕生、そして思考を実現させた出版秘話!

『身体を持って次の次元へ行く 1』には原点となる

絶版の2作品を収録

他人に聞こえない声が聞こえる変な女の子「ミナミ」。成長してキャビンアテンダントとして活躍し、

結婚そして離婚という波乱の人生を歩む。絶望の淵をさまよっているとき、

封じていた宇宙人の声が再び聞こえ始める。

一方、俳優になるため上京し、メインキャストとして劇団で活躍していた「あつし」。

その劇団でミナミとあつしは運命的に出会う。

直観に優れるあつしも、ミナミを通じて宇宙人と交信を始め、

ついに宇宙人の「さくや」と「アシュタール」を交えたチーム「ミナミ A アシュタール」が誕生。

宇宙人と地球人がコラボして始めたブログのテーマは“どう楽しく、

自由に生き、好きな現実を引き寄せられるのか”。

 

二人はリアルの世界でサロンを開業するが、いくら待てども客は来ない。

そこで、思考を現実化するための出版。そのスピードはまさに3000倍の速さ。

2015年の処女出版『3000倍、引き寄せる』は、ミナミの実体験を中心に、

波動エネルギーをどう動かし、どう現実を変えていったのかを描く。

 

2016年の第4作『引き寄せの口ぐせ』は、“人生ゲーム攻略ガイドブック”とし、

幸せな人生を望む人へ、何をどう“チェンジ”すればよいか、宇宙人のアドバイスを紹介する。

この2作品は絶版されたものをミナミAアシュタールが、新たに現実化させた1冊です。

9784910000053.MAIN.jpg
9784910000053.SWCH.jpg

コロナ禍だからこそ、ますます本気で取り組む2大プロジェクト!

 

『身体を持って次の次元へ行く 2』には絶版の第3作と

書き下ろしの新作を収録

こうなって欲しいという思いを現実として引き寄せた二人が3作目に取り組んだテーマは、

自分の夢を叶えたいと本気で思っている人に向けた

『夢を叶えたいなら、その夢に名前をつければいいんです。』

宇宙人の「さくや」と「アシュタール」との対談を通じて、「私にも夢が叶えられる!」と、

誰もが本気で思える内容を開示。
 

そして全巻のテーマにもなっている新作『身体を持って次の次元へ行く』では、

2015年以降に取り組む2つの活動を中心に紹介する。
自ら「破・常識あつし」と名乗るあつしが、複雑怪奇ともいえる出版界で

「破常識屋出版」を立ち上げていく姿を真剣かつコミカルに描く。

おかしすぎる世の中をひっくり返すため、7年前に立ち上げた「1%プロジェクト」。

日本国民の1%の約130万人に、「さくや」と「アシュタール」の情報を目にしてもらうためには、

出版活動が欠かせないと考えたからだ。
 

もう1つは「じょうもんの麓プロジェクト」。

ピラミッド型社会から離れ、縄文時代のような横並びの丸い社会を創ろうと思って立ち上げ、

土地探しに奮闘する姿を描く。

コロナ騒動で超管理社会の方向へ流れていく今。

だからこそ真逆の丸い社会へ移行する必要がある。

その思いは日に日に切実になっている。
 

ミナミAアシュタールは△の社会から〇社会に移行するため、さらに思考を現実化し、

読者の皆さんにお伝えしていくシリーズ本です。