縄文を創った男たち~信長、秀吉、そして家康~上巻 好評発売中!! 読者レビュー

上巻で読者の方から多くのレビューを頂きありがとうございます。

その一部をご紹介させて頂きます。


★信長はじめ、この戦乱の時代を生きてきた登場人物が、まるで目の前にいるかのような、その光景を見ていたかのような錯覚を覚える。




★どんな本にも抱えていない「信長がなぜ天下を取ろうと思ったのか?」という本当の理由が書かれています。

ただ、天下を取りたいがために信長が幾多の戦を繰り広げたわけでなく、そこには明確な思想がありました。



★信長が好きで信長関係の小説やドラマ、漫画や映画等はたくさん見てきましたが、この本が今までで一番感動しました。彼が何で天下統一を目指していたのか、よくよく分かりました。

ここまで登場人物の心理を深く描写している物はありませんでした。一人一人がその場面で何を感じ、どう悩み、どう決断し、どう行動したのか、凄く理解できました。

そういう事だったのか…と凄く納得できました。



★読んでいただければわかりますが、きわめてシンプルで軽妙な文章でありながらその筆致の底に流れるのは、とてつもなく熱い情熱です。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。彼らがまるでとなりにいるかのように生き生きと描かれています。

彼らも普通の人間だったのだと、特別な存在ではなく、悩み苦しみ、しかし勇気を出して一歩を踏み出す様子が、丁寧に語られています。


★彼らも自分の信念に従い、まさに命を懸けて生きていたのだと、心から感じました。

これからお読みなる皆様には、どうかいままでの歴史に対する認識はしばし脇において、虚心坦懐に読んでいただだければと思います。




★本は大好きです!でも歴史小説はとっても苦手です。

ライトノベルということで読みやすさもあり、場面描写、心理描写で最後まで一気に引き込まれました。

なんか胸の奥の奥のほうが熱くなりました。

信長さんの気持ちが私にも伝わってきて、しあわせな気持ちになりました。

信長さんに会った人たちはこんなしあわせな気持ちになったんだろうな。



★これだけみんなが信長のことを信じ、付いてきた信長の人望。そして、運ももっていて、天下を取る才能もあったことがわかります。

一番興味深かったのは、当時の会話や表情、様子を自分が映画で観ているかのように、伝わってくることです。

信長が当時、さくや姫から平和な世界を創るためのアドバイスをもらっていたなんて、本当に驚きです。

とても読みやすいので、ぜひ読んでみてください。

下巻が待ち遠しいです。



★思っていたよりも臨場感あふれ、信長さん達それぞれの想いが他人事とは思えず、胸が熱くなり涙が溢れてしまいました。

ぜひ、色んな方々に読んで頂いて感じてもらえたらと思います。下巻も楽しみにしてます!






0回の閲覧

©2019 by Copyright  ha-joshikiya-syuppan All Rights Reserved.